カテゴリ:食育( 9 )

福井県

ニュースで「福井県」が食育先進県であり、子供の体力・学力共に全国有数の件である事を知りました。主人が北陸に赴任してから北陸三県に意識が行くようになって、初めて意識をした場所でもあります。今までは「東尋坊」「かに」「教育熱心県」位しか意識をしていなかった事、福井県民の皆様には申し訳ないです。


全国的に見て「早寝・早起きの県」でもあるそうです。
三世代同居のお宅が多く共働き率も高いと聞いています。
ノーベル化学賞を受賞された南部陽一郎さんの故郷としても有名になり、県レベルでの子供を育てる環境として、とても素敵な場所だそうです。
教育に熱心な県としてもその実力が証明されていますが、公立校の先生方が教育に熱心であると言うのは、とてもうらやましい限りです。
多くの大人の目で、子供を育てている・・・

東大進学率も高いらしいですし、国公立大学への進学率は全国有数と言うのも、基本的な子育て環境の差が影響していると思えてなりません。
日本の学力が下降線を辿っている中で、これって何かを学ばないといけないと思います。
「ゆとり教育の代償」が、全ての「児童・生徒・学生」に影響しているのではなく、大人が環境を整えてあげる事で、なんとでもなると言う結果なのでしょう。

同じ年の子を持つ親であれば、少しでも学習環境が良い方向へ向いてほしいと思うのは当たり前でしょうが、公費でそれが叶うのと、私費を工面しても叶えてやりたいと思うのではおおきな隔たりを感じます。

お金で買えないものがある・・


よろしければ、ぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by lymphe-beauty | 2010-12-17 01:49 | 食育

鎌倉へ・・♪

先日お話を書きました「お弁当コンテスト」の授賞式(大げさです)があり、姫をつれて、鎌倉へ行ってきました。
思っていたよりも時間的拘束が長かったのですが、他の方のお弁当箱の中身を垣間見る事が出来ましたし、今後私も仲間入りをする「食生活等改善推進員」の活動の一端も見ることができて、少しはお勉強になりました。(パネルデスカッションとかも聞きたかったけれど、姫には退屈なので遠慮してしまいました・・ザンネンwww)

さて・・鎌倉!
3連休の最終日とも重なり、高校生の時以来、久しぶりに電車で「鎌倉」に行きましたが、道行くカップルたちに負けず、親子でしっかりと楽しんできました。
c0077741_037146.jpg

先日の強風で倒れてしまったという「鶴岡八幡宮」の大銀杏。
1000年の歴史が一瞬にして倒れてしまった・・・再生が叶う事を祈っています。

ツバキで有名な「大巧寺」(おんめさま)には、素敵な利休梅がひっそりと、そして美しく盛りを迎えていました。
c0077741_0444058.jpg


小町通りもたっぷり歩き、お土産も買って試食もたくさんしたので、お夕食には、あっさりとお蕎麦を・・
c0077741_0511052.jpg

小町通りの喧騒とはかけ離れた空間の中で、頂いたお蕎麦。
c0077741_059788.jpg

私は山菜を、姫はとろろをいただきました。

帰る頃には、小町通りの店々の明かりも消え始め、楽しいぷち旅行は、幕を下ろしました。

*****

もう少し早く出て、北鎌倉の「近為」さんで、お茶漬け大好きな姫を喜ばせてあげればよかったかな・・と、帰路で思ったりしました。
鎌倉野菜も食べたかったし・・鎌倉はいつも思い残しがたくさんです。。
久しぶりに電車で伺った「鎌倉」は、1時間で行けることを確認。
              コーコーセイの時はもっと遠かったんだけどなぁ…便利になったものです(笑)

今度は、姫と「北鎌倉そぞろ歩き」なんていうのも楽しそうです。
歴史をもう少し意識できるようになったら、私のうんちく(インチキガイド)で、また一緒に歩きたいな!
姫の体力に負けないように、ジェイクの散歩に励まなくては!!(爆)
[PR]
by lymphe-beauty | 2010-03-23 01:10 | 食育

「なぜ、いま、食育?」に参加しました。

昨日の疲れを背負ったままに、先日「食生活等改善推進員養成講座」でご紹介頂いた青葉区の食育発表会と子供の食育講座「なぜ、今、食育?」に参加し、
☆    現状の区内の食教育の事例発表
☆    研修会として饗庭 直美さんの講話
☆    地場野菜(青葉野菜)を使った献立とパネル展示と青葉野菜の試食
                                の三部立てでお話を伺ってきました。
c0077741_1885462.jpg

今回は、「子供の食育」を考える講座でしたが、参加募集人員100名。
席は余ることなく、食育への興味が高い方の多さに正直驚きました。
若干、子育て世代の方よりも、ほっと一息つかれているであろう方の参加が多く、食育を通して、地域と共に将来を担う子供たちの事を考えていらっしゃる方々が多いのかしら??と、核家族がが進むこの地域にあって、少し安心する事ができました。

食教育の事例では、実践されている現場の声を聞く事ができ、様々なアプローチで「食」「心」を育てる努力をされている団体の代表の話には、この地域のバランスの良さを実感しました。
青葉野菜の試食は、「かぼちゃのトマト煮」と「小松菜を使った蒸しケーキ」を食生活等改善員として活躍されている先輩方が作ってくだり、とても美味しく、また、この地域の農業がいまだ廃れてはいないことに感謝しながら頂きました。

More 民主党さん どうするの??
[PR]
by lymphe-beauty | 2009-12-14 18:39 | 食育

コレステロール値、戻りました♪

さて、本日は、母上の先週の血液検査の結果の発表の日でした。
約一カ月強、がんばりました。
c0077741_1144134.jpg

結果は、心配していた中性脂肪は、正常値内に収まりました。
35~149が正常範囲で、なんとなんとの「379」「333」でしたようで、先週の結果が「56」。
す・・すばらしい^^;;;;;
確かに、まだ、総コレステロール数は高めですが、善玉コレステロールが多いので、気にしなくて良いそうです。

やはり食事って大切ね♪

このまま頑張れば、体重も減って、体のバランスがしっかりしてくるでしょう
                                               とのお話し。
表についている「赤線」は病院の先生が、食事の管理をした私へのご褒美としてつけてくださったそうです。

  これぞ!!大人の食育です♪
☆ 今日の夕食 ☆
c0077741_1214325.jpg

      生白鮭のホワイトシチュー       ちょっと、オレンジがかっているのは、かぼちゃの所為です。


c0077741_123051.jpg




ベシャメルもバターも牛乳も使わずに作りました。使用したのは、グレープシードオイルと、スキムミルクです。
グレープシードオイルは、コレステロール0%で、抗酸化作用の強い「ビタミンE」が多く含まれます。
ただし・・リノール酸が豊富なので、とりすぎにいは、注意が必要ですよ。

More お魚の味噌漬け
[PR]
by lymphe-beauty | 2009-10-10 01:31 | 食育

たかが“牛乳”されど・・・・

うちの姫は、毎日、寝る前に牛乳を飲んでいます。

朝ごはんのお供に・・
骨粗鬆症の予防に・・   いろんな理由で飲んでいらっしゃる方も多いのでは?

姫には、カルシウムを効率よく吸収できる時間帯として、又、安眠に導いてくれる「トリプトファンとアミノ酸」効果を期待して「寝る前」に飲ませています。
大人も寝付けない夜に「ホットミルクにお砂糖少し」で眠れちゃうこともあるようですね^^;

たかが「牛乳」なんですけど、実は「牛乳」とは呼べないもの(加工乳)も「牛乳コーナー」に並んでいたり、同じ「牛乳」でも「超高温殺菌」「高温殺菌」「低温殺菌」と言って、殺菌法の違いで、賞味期限が違うのに、一緒くたにおかれていたり、買い手には判り難い商品でもあるわけです。

姫がまだ、赤ちゃんで「牛乳デビュー」の時に、いろいろと調べました。
その結果行き着いたのがタカナシ乳業 低温殺菌牛乳です。
私自身、牛乳にあまり興味がない時には、超高温殺菌のありふれた牛乳を飲んでいました。
ですので、最初に「低温殺菌牛乳」を飲んだ時に「薄い」感じがしました。これって、殺菌方法に関係しているみたいです。
超高温殺菌は、高圧で沸騰するのを抑えながら殺菌するようなのです。こうすると独特の「コク」が出てくるそうなのですが、低温殺菌は、良い乳質でないとできない殺菌法で「無理のない牛のお乳の飲み方だ!」ということで、「低温殺菌」にこだわるようになりました。

そんな私ですが、近所のデパ(?)地下で「低温殺菌」でもなく「超高温殺菌」でもない牛乳を見つけて、若干の疑問を持ちながら、たまに買っています。
c0077741_23114669.jpgそれが、これ!
疑問というのは、この牛乳は「85度」という温度で殺菌をしている点。牛乳の「タンパク質」は、とっても優秀なのですが、70~80度で、たんぱく質が変性してしまうのです。これって、だめじゃないのかな??せっかく良質のたんぱく質を含んでいても、たんぱく質の構造が変わってしまう温度で、本来の力を発揮できないってことでしょ?というのが未だに拭い切れない「疑問」なのですが、でも、「超高温殺菌」が持つ「コク」と、一度も煮立ってないからいいかな?なんて曖昧な理由と、何より、私の知る限りの近所では「ここでしか見かけない」という現実に心惹かれちゃっているんですけどね…(苦笑)


ちょっとだけ、最近気になっている「牛乳」は、日本全国で7か所でしか売られていない「特別牛乳」。
これが、購入できるんです。
こちら
「特別牛乳」というのは、生産者の思い入れではなく、チャンと規格があって認定されている、ごく希少な「牛乳」なんです。
飲んでみたいな…

高々「牛乳」ですけれど、お買いになっている牛乳のパッケージの裏を一度ご覧になってみてください。

そして、身近な食べ物も、一度見直すきっかけになってくれればいうれしく思います。
                                 ナンダカ エラソウダナ・・・シカシw

***
超高温殺菌の牛乳が、ごく一般的な理由。。
コストがかからない。
品質保持期間(賞味期限)が長くできる・・など。

賞味期限のことは、ちょっと気になりますね^^
大体の話ですが、おおむね5日を境に、5日より短い期限が消費期限で、それより長いものは、賞味期限だったと思います・・あいまいです。
超高温殺菌した牛乳の表示は、賞味期限、低温殺菌牛乳は、消費期限となってます。
超高温殺菌だと、ほぼ細菌は死滅するので日持ち(未開封であれば、常温で一カ月保存可能なんですって)がするんです。
だから、消費期限というか、紙パックの耳の部分に書いてある「日時」に惑わされると・・こわい><
製造年月日記載ではなく、ついでに搾乳年月日でもないので、気をつけなくてはいけないところです。
(開封後は、2日程度で飲み干すことは、どちらも一緒みたいです)
::::以前起きた、某御菓子メーカーの「期限切れ牛乳」を使っていた事件?も、この辺りの認識によるところも多少あるみたいですね。ロングライフ牛乳なんて辺りが、キーワードなのでしょうか?::::::


長い記事になってしまいました(+o+)

More 夕食・・
[PR]
by lymphe-beauty | 2009-02-22 01:06 | 食育

姫に烏賊を・・捌かせてみる

今日は、私にの休日にしては早朝からの外出。
どうも、このところの気候の不安定さから、若干風邪をぶり返してしまったので、今日のスケジュールは、いつも以上にhardに感じました。
お昼ごはんは、おうちで、母のリクエストから、「焼きそば」を作りました。
その後、バタバタとやらなきゃいけないことをこなし、夕食を準備する時間に…

今日は、思い切って、姫に「烏賊」を触らせてみようと思いつきました。
c0077741_0545592.jpg

小さなお料理教室の始まりです!(爆)
c0077741_055398.jpg

初めて、調理をする烏賊を触った姫・・
わ~~♪きゃ~~~♪と何をするのも楽しそうです。
c0077741_0563812.jpg

軟骨を抜くのは、大人でも大変ですが、しっかり、隣で「見本」を見せた後に実習w
子供の手は、小さいので、できないところはフォローします。
c0077741_058352.jpg

内臓、ゲソをとった烏賊をじっくり観察しながら・・・
c0077741_0591172.jpg

キッチンペーパを使って、皮も切れにはがします。
c0077741_059523.jpg

エンペラの皮もはがします。軽く切れ目を入れる作業が困難を極めました。
c0077741_104587.jpg

ゲソを触って奇声を上げた!
「きゃ~~!なんかくっつく。生きているのぉ??」(爆)
c0077741_12766.jpg

すべて処理し終わった烏賊ちゃんをマルチブレンダーで、すり身にします。
・・お塩とショウガだけです。片栗粉では繋ぎません…
c0077741_134057.jpg

巨大シイタケ登場w今日のお料理のインスピレーションは、このシイタケから~♪
シイタケの石附も、小麦粉をはたく作業もやりますよ。
c0077741_1614100.jpg

c0077741_181539.jpg

後は、すり身をシイタケに詰めて、蒸して・・
お出汁を引いて、銀あんもどきを作ります。

***
初めての体験でしたし、途中、マルチブレンダーを使いすぎ、動作が止まってしまったり、
烏賊の内臓にびっくりしたり、
皮がうまくむけなかったり・・
いろんなアクシデントもありましたが、そこら辺は、臨機応変に対応して、姫のやる気をなくさないように・・・
で、大成功♪

できあがり・・・?

More こんな風に頂きました。
[PR]
by lymphe-beauty | 2008-12-07 01:18 | 食育

子供に任せてみるもの一興ですよ。

子供と一緒に食事を作るのは、とっても楽しいことです。
お子様が、将来のジェントルマンでも・・(笑)

今日は、メニューは決めましたが、お昼の作成を姫に任せました。
細かい味付けや、そのほかの指導はしたけれど、手は一切出すことはしませんでした。

c0077741_154088.jpg

材料を切ることも…
c0077741_161382.jpg

まな板から、バットへ(子どもには、安全のため、まな板は、常に何にもない状態でいたいので、バットへ移し替えてもらっています)
c0077741_171426.jpg

具材を、家族のためにカロリーオフにする気持ちがあったので、肉を湯通しすることも・・
c0077741_183979.jpg

フライパンの中に入れた、具材を焦がさないように、必死になって…
c0077741_192519.jpg

最終過程では、思ったようにできずに「凹ま」れては困る(次回につなげません)ので、ちょっとだけ工夫をすることを提案!


出来上がりは…
c0077741_1105191.jpg

オムライス・・姫バージョンでした。

本当に、びっくりするほど、上手に出来ました。

この後、がっつり姫の力作を頂いた後に…

中国家庭料理を学ぶ・・
[PR]
by lymphe-beauty | 2008-11-10 01:31 | 食育

お豆腐を作りました。

今日は、姫の学校で、親の会合があり、そちらに出かけて後、自宅に帰ってから、昨日から仕込んで合った「お豆腐作り」066.gif
c0077741_065071.jpg鶴の子大豆を300g。
一晩水に戻して、750gにまで増えました!
まん丸の大豆さんが、お水を吸って、元の姿に戻っていく姿・・
本当に、昔の人はよく考えたものだ






c0077741_0104153.jpg大豆さんを戻したお水と共に、ミキサー、ミキサー♪c0077741_0115240.jpg






    姫もお手伝い003.gif

お鍋に移して、モコモコと「呉」が上がってきます。焦がさないようにきをつけ・・
c0077741_0165130.jpg

呉を 豆乳 と おからに分けてあげる作業033.gif
あらら・・あついわ~c0077741_0222218.jpg

とっても、楽しそうな姫003.gif



c0077741_0243226.jpg

にがりを打って・・・しばし待つ・・・豆乳さんは、お豆腐さんへ変身071.gif
おからさんは、、にがりが力を発揮している間に、卯の花に致しましたよ。



c0077741_0274418.jpg待てませんよぉ~007.gif
戻したお豆さん750gの内、半量は、五目豆にしましたので、待つ間、姫は、しっかり、味見係024.gif

そんなこんなで、本日の食卓・・・
c0077741_0323181.jpg

☆ 五目豆
c0077741_0325478.jpg

☆ 卯の花
c0077741_0331823.jpg

☆汲み上げ風、豆腐

あと、母が買って来てくれた「子持鮎の甘露煮」も食卓にあげました。

子供と一緒に何かを作るのは、とっても楽しい010.gif
何気ない「食材」を手作りし、その過程を共有し、作る楽しみと共に、作ってくれる方々への感謝の気持ちを再確認する。

出来不出来、など、関係なく、こんな時間と、こんな食卓・・

あぁ・・今日もしあわせ053.gif
[PR]
by lymphe-beauty | 2008-07-11 00:43 | 食育

MOTTAINAI(ちょっとの食育?w)

この言葉は2004年にノーベル平和賞を受賞したケニアの環境副大臣、ワンガリ・マータイさんが、広めようと頑張っていらっしゃる言葉で、日本の古きよき頃の「美徳」とも言える言葉です。

食品への毒物混入などの問題が相次いで発覚していたころから、「食品自給率」が、日本のメディアでも紹介されるようになり、あまりの自給率の低さに驚かれた方も多いことと思います。

よく例に出されていた「海老天そば」。

ちょっと考えてみましょう。

各自給率
    そば粉  ・・21%
    海老    ・・5%
    天プラ粉 ・・7%
    植物油   ・・2%         これが、カロリーベースですが、日本の実態です。

食品の殆どを輸入に頼っている訳です。

日本は、食糧自給率、40%を割っています。
主要先進国の中で、最低ランクです。
先進国と言われるフランスの130%、アメリカの120%を見返せば、どれだけ悲しい現実か・・

それでも、ご近所を見回せば、畑もあるし・・
お野菜は、国内自給率が高く、80%前後あります。
お米は、もっとあります。。

悲しい現実はもっとあります。
お米の国内生産量と、家庭から排出される「食品廃棄物」は、ほぼ同じ量なんです。。

冷蔵庫で眠らせたまま、使えなくなってしまう事・・
本当は、使える部分なのに、捨ててしまっている事・・・

家庭から出来るMOTTAINAIは、折角命をはっている「食べ物」を無駄にしない事・・

前置が長くなりました・・・

例えば、セロリの葉っぱ・・
お子様をお持ちの方ですと、「セロリ、嫌い」って、食卓から遠い方もいらっしゃるのでは?《笑)
ちょっと香りがキツイと言う方もいらっしゃるかも・・
でも・・セロリは、捨てる所はありませんよ。

わかっているわ、ブーケガルニとか、お肉の匂い消しにに使っているわよ。
いえいえ・普段使いをしなくっちゃ♪
c0077741_057117.jpg


大葉や、万能ねぎの様に、彩りに使えます。

うちの姫は、「とり肉や豚肉の皮(コラーゲンタップリな所・・)」が苦手ですが、大葉でなく、ねぎでもなく、セロリをこの様に添えると、食感が良いらしく、その物よりも、沢山食べてクレます。。

セロリの葉っぱには・・
ガン抑制効果のあるβカロテンや、免疫力を高めるビタミンC、疲労回復効果のあるビタミンB1、B2、血液をサラサラにする効果があるビラジンが含まれています。

お子様が「セロリ嫌い」と仰る方一度、お子様と「セロリのすごさ」を語らってみませんか?
隠して食べさせ「、本当はこれに、セロリ入っているんだよ」もいいですが、
この食品は、これだけ凄い!
っていうのを理解してもらうのも、好き嫌いを亡くすひとつの手立てです。

それには、お母さんが、ちゃんとした知識と調理の工夫も必要です。

子供の好き嫌いは、親の責任?
[PR]
by lymphe-beauty | 2008-06-10 01:19 | 食育


姫と共に生きる道のり        HN : 伽羅


by lymphe-beauty

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧