志望校&併願校

今日は、塾の個人面談の日でした。
今日のメインは、「志望校」の話で、本人の意思(同席はしていません)・要望を踏まえた上で、第一志望校・併願校をどうするか・・を話し合ってきました。
当面の姫の目標は代えないで、そこに行きつくために努力を重ねていくと言う事で第一志望の方向性を示せたのですが、困ったのが併願校です。

併願校はなにかあった時に受け皿となる学校の事。
万が一の保険校。

前回の大きな試験(運動会の翌日の物)は当然数字(偏差値)が上がりませんでしたので、そこをボトム(最低値)の目安としてとらえて行くのが、賢明ではないか?との事。
当然、姫も納得できる学校でなくてはいけません。
親としても一応の考えがあるのでそれにも適う学校であること。

当然そのラインも全く考えていなかった訳ではないのですぐに学校名は出せましたが、先生のおすすめの学校名を聞いてもう一度洗い直し作業をして行く事になります。
ただ、そのラインの中で条件に適う学校が少ないんですよね・・本当は(笑)。
「ここは良いんだけど、これが嫌なのよね^^;」という項目が出てきてしまう学校が多くて、選択肢が少ない。
受験日の予定(第一志望を日程全てを受けるという前提で)の間の日程の中で、併願校を選ぶのですから、それは選択肢も少なくなって当然なのですが。。。

「1月受験もなし。強気に攻めて、保険も一応確保しておく」と言う攻めの受験で良いと先生もおっしゃって下さっていて、「まぁ一回で受かればいいだけの事なんですけどね^^」と言われた上での、併願校選び。

なかなか、難しい(笑)。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ励みにいたしますので、ぽちっと宜しくお願い致します。
にほんブログ村



塾とのお付き合いも、小3後半からですから結構長くなってきました。

学年担当・クラス担当・・今までお世話になって先生たちのお話合いがあった上での「個人面談」なのですが、情報が十分に行き届かない部分もあって仕方ないと思っているのですが、お世話になっている塾では全くそのような事が無く、どの先生もよく姫を見て下さっています。
各教科担当の先生とお話(立ち話)する事も多いのですが、本当によく見て下さっているなぁと感心してしまいます。

最近では、姫が解らない所を質問に行っても「志望校あそこだったよね?じゃ、ここはこうしてああして・・」と具体的な方法を教えて下さることが多くなったとの事。
小3の時、最初にお世話になった先生が大好きで、学年を越えて面倒を見て頂いていたのですが、最近は担当の先生に直接質問をする事が出来る様になってきました。
「自分をきちんと見てくれている」という実感を姫自身が感じているからこそだと思います。

現状6年の後半になって、転塾をされる方が多いと聞いています。

私自身、今塾を変えることなどおくびにも考えていませんが、こうして「信頼できる」講師陣に巡り合えたのも本当にうれしい限りです。
もちろん私だけでなく、姫が「信頼できる」担当の先生を各教科ごとに持てているのも、とても幸せな事です。

さすがあの塾にお世話になって良かったと思える塾で、最後のスパートを掛ける時期になりました。
プレッシャーを掛けず、ゆるりとした環境下で、その日を迎えられるように、先生とも今後密に情報を交換して、希望する学校に入れる様に、頑張って支えていこうと思います。
[PR]
by lymphe-beauty | 2011-10-12 00:41 | 中学受験


姫と共に生きる道のり        HN : 伽羅


by lymphe-beauty

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧